【歩くダイエット】痩せる他にもこんなに効果があった!?

無理なく健康的に痩せることのできるウォーキングダイエットは、体重を減らすだけではなく様々な効果があります。

僕もウォーキングダイエットを始めて半年以上経ち、色んな効果を実感しています。

そこで今回は、歩くダイエット、ウォーキングの効果についてお話ししたいと思います!

 

歩く事は人間の基本動作

ダイエットと言えば、走ることが一般的だと思いますが、それ以上に人間が生活する中で欠かせないのが、「歩く」ことです。

歩く行為は、走る事に比べると消費カロリーも低いので、痩せるという目的でいうと即効性は期待できません。

しかし、歩くだけでもカロリーは必ず消費しますし、無理なく続けることができるので、長期的に見ればとても有効なダイエット方法です。

実際僕も、ウォーキングダイエットを始めて着実に体重が落ちています。

体重が落ちるとモチベーションが上がりますし、もっと頑張ろう!と思ったりしますが、定期的に歩くことで痩せる以外にも様々な効果がありました。

僕が痩せる以外で実感した効果は、

 

●ストレス発散

●便通が良くなった

●腰痛や膝などの関節痛が治った

●日中に眠くならなくなった

 

などの効果が得られました。

これらの効果は、自律神経が整ったことが大きく影響していると思います。

 

自律神経とは?

自律神経と聞くと、「なんだか難しいこと言ってるなぁ」と思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。

自律神経を簡単に説明すると、人間が呼吸をしたり、食べた物を消化したり、血を全身に循環したりなど、生きていくうえで必要な機能を正常に保つ為に、24時間つねに働き続けている神経のことを言います。

この自律神経が乱れると、健康に大きな影響が出ると言われており、自律神経が乱れる一番の原因は、ストレスです。

仕事や人間関係の悩み、不規則な生活リズムによってストレスが溜まり、自律神経が乱れて体の内側から外側まで様々な症状が出ます。

 

自律神経を整えるのには「呼吸」が重要

そして、自律神経を整えるのに最適なのが、「呼吸」です。

よく、焦ったり緊張した時に深呼吸をすると良いと言われますが、呼吸は自律神経を整えるのにとても効果的だからです。

ウォーキングは、深く呼吸をしながら行うことができるので、自律神経が整いやすく、痩せる以外にも健康的な効果を得られます。

僕がウォーキングを始めて最初に感じたことは、ずっと悩みの種だった腰痛が改善されたことです。

「歩くだけで腰痛が治るわけないでしょ!」

確かにそう思われるかもしれませんが、実際僕の場合は治ってしまいました(笑)

背筋をきちんと伸ばし、足をまっすぐ前に出して、綺麗な姿勢を意識して歩くことで体のゆがみも改善されていきます。

また、外の空気を吸うだけでもストレス発散になりますし、1人でゆっくり考え事もできるのでリラックスできます。

歩くだけなので、ランニングのように呼吸が乱れることもありませんし、つらいと感じることもほとんどありません。

ウォーキングは、無理なく体重を落とせるうえに、健康的な体を手に入れることのできる素晴らしい運動方法です。

これまでダイエットがうまく続かなかった方は、ぜひ試してみてください◎