痩せる筋トレで男も女も締まった体を手に入れろ

ダイエットに最も効果的な運動は、有酸素運動です。

ジョギングやスイミングなど、有酸素運動にも色んな種類がありますよね。

では、筋トレってダイエットに必要なのでしょうか?

答えは、イエスです◎

「でも、筋トレすると足が太くなったり、体が大きく見えたりしないの?」

特に女性の方ならこんな疑問があると思います。

そこで今回は、なぜダイエットに筋トレが必要なのかという事についてお話ししたいと思います!

 

筋トレしても体が大きくなるわけではありません

まず、最初にお伝えしたいのが、筋トレしても筋肉がすごく大きくなるわけではありません。

というのも、筋トレにも色々な種類ややり方があります。

筋肉を大きくさせるには、超回復という現象が必要になります。

超回復というのは、一度筋肉を破壊して、24時間~48時間ほど休息をしたのちに、筋肉がトレーニング前より増量するという仕組みです。

例えば、初めのうちは腹筋が10回しかできなくても、しばらくすると15回、20回とできる回数が増えていきますよね?

あれは一度限界まで筋肉を破壊した後に、超回復をして筋肉の量が増えた為です。

そして、筋肉には速筋(そっきん)と遅筋(ちきん)の2種類があります。

速筋は、瞬発的な力を発揮する筋肉(陸上の短距離走の選手向け)で、いわゆるマッチョ型。

遅筋は、継続的に力を維持する筋肉(陸上の長距離走の選手向け)で、あまり筋肉が大きくない細マッチョ型。

と2種類に分けることができます。

瞬発的な力を発揮するには、筋肉をとにかく大きくする必要があり、ボディビルダーなどは特に速筋を鍛えます。

筋肉を大きくするには、より重たいダンベルなどを使用して、筋肉に負荷を与える必要があります。

逆を言えば、そこまで負荷をかけず、軽いダンベルやトレーニングマシンで筋トレをしたぐらいでは、筋肉は大して大きくならないということです。

ですので、筋トレして足が太くなったり体が大きく見えたらどうしようと悩む必要はありません。

むしろ大きくしたくても、そう簡単にできるもんじゃないです。

僕も筋トレをしていますので、その辺の情報は間違いないですよ◎

 

筋肉の量が増えると痩せやすい体になる

これは、有名なボディビルダーである北島達也 さんが言っていた事ですが、

「筋肉は、車で言うところのエンジンで、筋肉の量が多ければエンジンが大きくなり、その分ガソリン(カロリー)を消費しやすいカラダになる。」

その為、有酸素運動ばかりして筋肉の量が少ない体になってしまうと、カロリーを消費しにくくなり、結果痩せにくい体になってしまうとのことです。

長距離走のマラソン選手は、なるべく少ないエネルギー(カロリー)で長い距離を走らないといけないので、当然エンジン(筋肉)も必要最低限しかついていないということです。

短距離走の選手は、車で言うところの4WD、長距離走の選手は、燃費の良い軽自動車といった感じです。

以上の点をふまえた上で、ダイエットにも適度な筋トレを取り入れ、理想のカラダを目指しましょう!

あなたが運動しても痩せない理由!痩せたい目的忘れてない?

ダイエットに欠かせないのが、運動です。

体を動かして汗をかくのって、本当に気持ちがいいですよね。

僕も小学生の頃から体を動かすことが大好きで、大人になっても社会人のサッカーチームで汗を流したりしています。

ただ、運動したからと言って、必ず痩せる訳ではありません。

例えば、プロのアスリートでも野球選手は太っている人が結構多いですよね?

僕が所属している社会人のサッカーチームでも、基本太った中年のおじさんが多いです(笑)

そこで今回は、なぜ運動しているのに痩せないのか?という疑問を、ちょっと変わった視点からお伝えしたいと思います。

 

最大の理由は目的を忘れてしまっていること

これは僕がダイエット目的で運動をしていて、一番見落としていた点なのですが、もともと痩せる為に始めた運動が、いつの間にか別の目的へと変わってしまっていたということです。

 

運動をすることが目的ではありません

ちょっと他の話題を例にしてみますね。

例えば、あなたが工事現場で勤めているとして、ある壁に穴を開けたいと思っています。

しかし、穴を開ける為のドリルを持っていません。

そこで、あなたはドリルを売っている工具店へ向かいます。

工具店には、最新モデルからベストセラーモデルまで、ズラリと商品が並んでいます。

「このドリル、かっこいいなぁ~!」

「あっちのモデルは高いから、この安いモデルを買おうかなぁ?」

と、色んなドリルをいつまでも比較、検証しています。

ただ、ちょっと待ってください。

あなたの目的は、なんだったでしょうか?

そうです、本来の目的は、ドリルを手に入れることではなく、ドリルを使ってできた穴を作ることです。

ドリルは「手段」であって、「目的」ではありません。

 

ダイエットとブログの更新は似ています

もう一つ例を挙げますね。

あなたは、通販で洋服を販売しています。

ある日、お店にもっとファンを増やそう(集客しよう)と思い、ブログを始めました。

お客さんは、最新の情報が大好きです。

ブログを利用して集客をするには、毎日更新するのが理想です。

そこで、初めのうちは毎日更新します。

しばらくすると、ネタが尽き、毎日更新するのが2日に1回、3日に1回になります。

そのうち更新するのがめんどくさくなり、ブログの内容はテキトーになり、更新回数も1週間に1回、2週間に1回になります。

「なんだよ、こんなにブログやってるのに、全然効果でないじゃないか」

もうお分かりですよね?

あなたの目的は、ブログを更新することではなく、ブログを利用してファンを作る(集客する)ことです。

ブログは「手段」であって、「目的」ではありません。

 

あなたの目的はダイエットです

ダイエット目的の運動は、ジョギング、ウォーキング、スイミングやサイクリングなど、様々な選択肢があります。

服装や道具も、本当に色々な種類があります。

そして、ダイエットを続けていると、どうしても辛く感じる時があります。

仕事が忙しかったり、体調が悪かったり。

そうすると、毎日の運動が2日に1回、1週間に1回とだんだん減ってきます。

また、運動をするとお腹が減ってくるので、当然食欲も沸いてきます。

「あれだけ運動したんだから、これくらい食べても大丈夫!」

「今週は色々と忙しいから、運動はまた来週から」

ちょっと待ってください。

あなたが運動をする目的はなんですか?

「ジョギングでいいタイムを出すことですか?」

「格好良いトレーニングウェアを着ることですか?」

「ご飯をいっぱい食べることですか?」

「無理せず運動を続けることですか?」

いいえ、違います。

あなたの目的は、運動をして痩せることです。

 

社会人サッカーをしているおじさんは、「楽しむ」為にサッカーをしています。

野球選手が練習する理由は、「試合に勝つ」為です。

どんなに運動をしたとしても、「あと2ヶ月で●●kg痩せる!」や、「痩せる事が目的だから、きちんと食事制限もしなくちゃ!」など、きちんと目的を持っておかないと、運動をしても絶対に痩せません。

体を動かす事はもちろんいいことですが、一番大切なことは「痩せたい!」という気持ちだということを忘れないでくださいね◎

ダイエットが続かない理由は?長続きするコツ3選

よし、今日から痩せるぞ!

そんな意気込みではじめたダイエット、きちんと続いたことありますか?

ダイエットが続かない理由は、

●仕事が忙しい

●夜は飲み会があるから運動できない

●朝起きるのがツライ

●すぐに効果がでない

などが挙げられます。

社会人になると、仕事の残業や人付き合いなどで、ついつい不規則な生活リズムになってしまいます。

外食が多くなり食事バランスもうまく調整できず、時間が無いので運動もできない。

僕もそうでしたが、ダイエットを続けるのって、本当に大変ですよね。

そこで、今回はダイエットに成功した僕が、実際に行った長続きするコツをご紹介します。

 

1.ゴールを作る

ただ単純に痩せたい!というだけではダイエットは続きません。

漠然と体重を落とそうとするのではなく、まず目標(ゴール)を持ちましょう。

例えば、

●海に行きたいので、7月までに●●kg痩せる

●あの芸能人のようなくびれが欲しい

●スキニージーンズが似合う体型になりたい

●自分の平均体重の●●まで10kg落とす

など、何か目標を持つと、将来痩せた自分の姿がイメージしやすくなり、ダイエットをする目的が明確になるので、成功させたいという意欲が増します。

 

2.小さなゴールをいくつも作る

最終的な目標(ゴール)を決めたら、その間に小さなゴールをいくつか作るといいです。

ダイエットに挫折する大きな要因としては、ゴールをあまりに遠く設定していることがあります。

例えば、体重65kgの女性が、50kgを目指したとします。

いつもより頑張って食事制限や運動をしたとしても、すぐに15kgも落ちる事はありません。

かなり無理をして3ヶ月、普通にダイエットをすれば半年以上はかかると思います。

「今月こんなに頑張ったのに、たったこれだけしか体重が落ちてない!」

といった感じで、頑張ったわりに効果が得られず途中でやめてしまいます。

ですので、あまり急がず、ゴールを半年先に設定するなどして、「1ヶ月に2.5kg痩せる」という小さなゴールをいくつも作ってください。

そうすれば、小さな目標を達成する事でダイエットの効果を確実に実感できますし、15kgというとても遠く思えたゴールが、小さなゴールの積み重ねで達成しやすくなります。

 

3.無理をしない

決して怠けろと言っているわけではなく、あまり無理をしないことがダイエットを続ける上でとても重要です。

とにかく早く効果を出したいと急いでしまうと、過度な食事制限や運動をしてしまい、体調を崩したりケガの原因になります。

そうすると、結果ダイエットが辛くなり、最後まで続かなくなります。

 

以上の3つのコツをまとめると、

明確な目標を決め、達成しやすい小さなゴールを作り、無理なく続ける」

ということになります。

最近では様々なメディアでダイエットの方法が紹介されていますが、小手先のテクニックより、まずはこういった基本的な考えを理解するのが、ダイエットを成功させる秘訣ですよ◎