筋トレで痩せない理由と原因を徹底解説!脂肪燃焼効果なし

痩せる事と、筋トレをする事、同じ意味で理解していませんか?

僕もダイエットを始めた頃そうだったのですが、体の中で一番気になるぶよぶよなお腹を引っ込める為に、よく腹筋運動をしていました。

おそらく、ダイエットを経験したほとんどの方が、僕と同じ事をやっていたのではないでしょうか?

それで結果はどうでしたか?

モデルのようなくびれたお腹になりましたか?

ボディビルダーのような見事な6パックの腹筋が手に入りましたか?

僕は、腹筋運動をしてもほとんどダイエット効果はありませんでした。

そこで今回は、なぜダイエット目的で筋トレをしても痩せないのか?という疑問について、お話ししたいと思います!

 

筋トレに脂肪燃焼効果はありません!

「こんなに頑張って筋トレしてるのに、なんでお肉がとれないの!?」

よく「部分痩せ」という言葉を耳にしますが、人間の構造上そんなことはできません。

お腹だけ6パックに割れているお相撲さんや、足だけモデル並に細い体重100kgの女性とか、見た事ありませんよね?

人間が運動をすると、全身の脂肪がまんべなく燃焼されますので、お腹だけ脂肪を落としたり、足だけ細くさせることは不可能です。

エステなどの美容マッサージでお腹や足が細くなるのは、むくみが取れて一時的に細くなったように見えるだけです。

筋トレしてシェイプアップするというのは、ある程度脂肪が取れた状態で、部分的に筋肉量が少ないところを筋トレで引き締めるという事です。

太っている人が筋トレをしたところで、脂肪の下の筋肉が発達するだけで、見た目はほとんど変わらないでしょう。

 

筋トレをする理由は痩せやすいカラダづくりが目的

では、筋トレがダイエットに不必要かと言われると、決してそうではありません。

「えっ?なんか言ってる事が矛盾してませんか?」

いえいえ、そんな事はないですよ~◎

簡単にご説明しますね!

筋肉というのは、車で例えるとエンジンのような物です。

このエンジン(筋肉)が大きいと、消費するガソリン(カロリー)が多くなります。

大きいエンジンを動かす為には、より多くのカロリーを必要としますので、筋トレで筋肉量を多くすれば基礎代謝が上がり、脂肪が燃焼しやすくなります。

筋トレ自体に脂肪燃焼効果はありませんが、筋トレで筋肉量を多くした状態でジョギングなどの有酸素運動をすれば、効率よく痩せることが可能です。

こういった仕組みを理解した上で、筋トレとジョギングなどの有酸素運動を頑張るようにしましょう◎