ダイエット食事制限と運動で効果あるのはどっちだと思う?

食事制限と運動。

ダイエットを考えた時、あなたならどちらを選択しますか?

もちろん両方だよ!なんてストイックな回答をしたあなた、もうこの記事を読む必要はありません!

・・・だって、そんな人はとっくの昔に痩せてるでしょうから(笑)

 

ダイエットをする人は、太っている人、当たり前ですよね。

僕もそうでしたが、太っている人は、基本自分にあまいです。

そうでなければ、きちんと日ごろから食事のカロリーを気にしたり、適度な運動をして肥満体型を回避しているはずです。

そして僕は、食べるのが大好きです。

でも、僕は運動するのが大好きで、太っていた時もジョギングやサッカーをしたり、きちんと体を動かしていました。

では、なぜ太ってしまったのでしょうか?

ちなみに、あの有名なホリエモンもおいしい食事が大好きな人で、みなさんご存知の通り太っています。

そんなホリエモンも、実は日ごろからジムに通っていたり、トライアスロンの大会にも出場するほど動ける人なんです(笑)

そこで今回は、ダイエットに効果があるのは食事制限か、それとも運動なのかについてお話ししたいと思います!
(もう半分以上答え言っちゃってますが・・・。)

 

食事制限VS運動、効果があるのはどっち?

結論から言うと、効果があるのは断然食事制限です!

誤解があってはいけないので先にお伝えしておきますが、運動にダイエット効果が全くないと言っているわけではありません。

ただ、運動の量を増やすより、食事の量(カロリー)を減らすほうが、体重を減らすにはとても効率的なんです。

 

こんなに頑張ったのに、たったこれだけなの!?

僕がダイエット目的でジョギングをした時に、スマホのアプリを使って消費カロリーを測定してみたところ、驚くべき数値が明らかになりました。

その数値がこちら↓

走行距離6.5km
所要時間32分
消費カロリー460

えっっ!!?6kmも走ったのに、たった460カロリーしか消費してないの?

個人差はありますが、人間が体重1kg落とすのに必要な消費カロリーは、約7000カロリーと言われています。

ちなみに、大手チェーンの牛丼並盛りのカロリーは、650~700カロリーです。

そして、10kmジョギングしたところ、消費カロリーは約700カロリーでした。

10kmのジョギングと牛丼並盛のカロリーがほぼ一緒だとっ!

と、事実を知った時は愕然としましたが、この結果のおかげで重要な情報を手に入れることができました。

ツラい思いをしてジョギングを続けるより、食事の摂取カロリーを減らしたほうが、断然効率がいいじゃないか!と。

人間は、運動をしてもしなくても太りますが、食事はとらなければ絶対に太ることはありません。

ということで、食事の摂取カロリーを考えることは、痩せるためにとても重要です。

まずは無理して運動するよりは、きちんとした食事を心がけるようにしましょう◎