ダイエットに腹筋は効果なし?何回しても痩せない

腹筋が割れたカラダって、理想ですよね。

綺麗に整った6パックの腹筋、いつか手に入れてみたいものです。

ただ、腹筋運動とダイエットは全く別物です。

ぽっこりお腹を引っ込めたいからといって、一生懸命腹筋ばかりしていませんか?

今回は、そんな誰もがやってしまう間違えたダイエット方法についてお話しいたします!

 

腹筋運動は何回やっても痩せません

全身で一番気になる部分と言えば、やっぱりお腹ですよね。

僕も肥満体型というわけではありませんが、お腹のプニプニとしたお肉は、どうしても取れません(笑)

痩せてる人でも、お腹だけはちょっとたるんでる、なんて人はよくいると思います。

これは、人間の構造上、お腹の贅肉が落ちるのが、他の部位に比べ最後のほうになるからです。

脂肪には、内脂肪と皮下脂肪があり、落ちる順番としては、内脂肪→皮下脂肪という順になります。

お腹回りの贅肉は、皮下脂肪ですので、本当に最後の最後まで落ちてくれません!

全身太っている人で、お腹だけ割れている人なんていませんよね?(横に割れている人はよくいますが・・・。)

ですので、基本的に部分痩せというのは人間の構造上、不可能なんです。

 

腹筋はもともと割れています

腹筋が割れるというのは、ちょっと語弊がありまして、腹筋というのはもともと割れています。

筋肉の上に贅肉がのっているので、贅肉が少なければ自然と腹筋が露出し、いわゆる「割れた腹筋」と呼ばれる状態になります。

ですので、腹筋をして筋肉が大きくなったとしても、上にのっている贅肉の量を減らさない限りは、割れた腹筋を手に入れることは絶対にできません!

痩せるというのは、お腹だけではなく全身で考えなければなりませんので、お腹が気になる気持ちは僕も痛いほど分かりますが、まずは有酸素運動をして全身の脂肪分を減らしましょう。

 

痩せたいならスクワットをしよう!

全身の筋肉の量が増えると、脂肪が燃焼しやすくなり痩せやすい体になるのですが、腹筋をしてもあまり効果は見込めません。

腹筋というのは、全身の中でもかなり小さい筋肉ですので、どれだけ鍛えても筋肉の量を効率よく増加させることができません。

全身の中で筋肉が大きい部分は、太もも、背筋、大胸筋です。

特に体を支える下半身の太ももを鍛えるスクワットは、ダイエットにとても有効とされています。

僕も実際にスクワットを筋トレに取り入れているのですが、5kmをマイペースでジョギングするよりも、スクワットで追い込んだほうが呼吸の乱れがすごく、汗の量もハンパないです(笑)

同じ筋肉量を増やす為に、スクワットは腹筋運動と比べると、「腹筋500回=スクワット15回」に相当すると言われています。

もちろんある程度腹筋も取り入れたほうが良いかと思いますが、まずは大きな筋肉を鍛えたり、ジョギングなどで脂肪を燃焼させることを優先しましょう◎

それと、スクワットは太ももを細くする為のダイエットにも効果的ですので、気になる方はこちらの記事で詳細をチェックしてくださいね!

綺麗になりたい女性必見!太もも痩せに絶対必要なダイエット知識5選