【初めてのジム】筋トレ用の靴でおすすめってあるの?

ジムで筋トレを始める際、まず最初に必要なのがトレーニングウェアと靴です。

トレーニングウェアは動きやすい服装であれば、特別気にする必要はありませんが、靴は体を支える生命線ですので、きちんとした物を選ぶ必要があります。

そこで今回は、筋トレで使用するおすすめの靴についてお話ししたいと思います。

 

筋トレ用の靴にクッション性は必要ありません

僕が実際にジムへ1年近く通って感じたことは、筋トレで使用する靴にクッション性は一切必要ないということです。

ジム初心者がトレーニング用に靴を選ぶ場合、まずクッション性の高いランニングシューズを購入すると思います。

僕もジムへ通い始めた際、以前から使用していたランニングシューズをそのままジムで履いていました。

しかし、ダンベルやバーベル、トレーニングマシンを使用して筋トレをおこなう際に、靴のクッションは全く必要ありませんでした。

クッション性の高いランニングシューズは、アスファルトなどの硬い地面を走る際に膝に負担をかけないように作られています。

筋トレはランニングのように地面からの衝撃を受けるような動作はおこないませんので、特にクッション性の高い靴を選ぶ必要はありません。

 

具体的にどんな靴を選べばいいの?

では、具体的にどういった靴を選べばいいのでしょうか?

答えは、すべりにくく踏ん張りの効く靴です。

「う~ん、それじゃイマイチよくわかんない・・・」

そうですよね、すみません。

例えば、ダンベルやバーベルを使用して筋トレをおこなう場合、両足の裏側でしっかりと踏ん張って体を支えます。

裸足の状態で、床に指をグッと押し当てるイメージと言えば分かりやすいでしょうか?

その際に、ソールに厚みのあるクッション性の高い靴を履いていると、足をうまく踏ん張ることができず体がグラついてしまいます。

体を足でうまく固定することができないと、フォームが乱れて筋トレ効果が薄くなったり、怪我の原因になります。

特に、スクワット(太ももを鍛える種目)やデッドリフト(背筋を鍛える種目)など、高重量のバーベルを扱う種目では、ランニングシューズは危ないのであまりオススメできません。

もちろん、ルームランナーでランニングもしたいという方もいると思いますので、その場合は自分が一番優先したい種目に合わせた靴を選んでください。

ソールが厚いランニングシューズでも、軽い重量のダンベルやトレーニングマシンを使用する分には問題ありません◎

ちなみに、高重量のダンベルやバーベルを使用してバリバリ筋トレをおこなっている人には、レスリングシューズが人気です。

中には、大工さんが履くような足袋型の薄底スニーカーを履いている方もいますよ!

 

プロや経験者に相談してみよう

筋トレとランニングでは、適した靴が違うことがなんとなく分かったと思います。

もしどうしても靴選びに悩んだ場合は、一度ジムのトレーナーさんなどプロの方に聞いてみてください。

あとは、他の人がどんな靴を履いているのかチェックしてみるのもいいですよ◎

お気に入りの1足を見つけて、トレーニングを頑張ってください!