もう我慢しなくていい!ダイエット中に食べても太らない食べ物3選

「ダイエット中だから、食べる量を減らさなくちゃっ!」

こんな風に思っている方って、結構多いのではないでしょうか?

僕も以前ダイエットしている時は、食べる量を減らすことに専念していました。

でも、一時的に食べる量を減らしたところで、必ずリバウンドを起こします。

ダイエット中にさんざん好きな食べ物を我慢してきたのですから、当然その反動は大きなものになります。

では、どうすればよいのでしょうか?

答えは簡単です。

食べる量を減らすのではなく、食べても太らない物を食べればいいのです。

人間が何かを食べたいと感じる時は空腹の時ですから、なるべく空腹の時間を減らすことが重要です。

ダイエット初心者がよく間違えやすいことなのですが、食べるか食べないか、0か100かの考え方をしてしまう人が結構います。

これでは、精神的にも肉体的にも健康とは言えませんので、ダイエット中であっても食事はなるべくとるようにしたいところです。

そこで今回は、食べても太らない(正確には太りにくい)食べ物をいくつかご紹介いたします!

 

おすすめの食べ物その1:鶏肉

お肉=太るというイメージがあるかもしれませんが、部位によっては低カロリーなお肉もあります。

特に鶏肉は優秀で、低カロリー高タンパク質な食品として有名です。

鶏肉のおすすめの部位は、ささみ、胸肉、レバーです。

「ささみと胸肉は同じじゃないの?」

厳密に言うと少し違います。

胸肉はそのままの意味ですが、ささみは胸に近い部位にあたります。

どちらも低カロリー高タンパク質なのですが、一番の違いは皮があるか無いかです。

ささみ=皮無し

胸肉=皮有り

皮はパリっと焼くと本当においしい部位なのですが、かなりカロリーが高いので胸肉を食べる時は皮をはがすようにしましょう。

スーパーで買う場合、ささみは結構高いのですがきちんと調理しやすく処理された状態で売られています。

胸肉は皮がついておりブロックで売られていることが多いので、調理するのがちょっと手間ですが、その分安くて量が多いのでお金の節約になります。

なお、どちらも調理が面倒くさいという場合は、コンビニやスーパーで真空パックで売っているサラダチキンがおすすめです。

サラダチキンは胸肉なのですが、きちんと皮がはがされており、味付けもされているので空腹時のおやつ代わりに最適です。

ささみと胸肉に続き、レバーも低カロリー高タンパク質でおすすめですが、人によって好き嫌いが激しい部位ですので、レバーが苦手な方は癖の少ないささみと胸肉がおすすめです◎

 

おすすめの食べ物その2:絹ごし豆腐

次におすすめなのが絹ごし豆腐です。

木綿豆腐もいいのですが、絹ごし豆腐に比べるとややカロリーが高いです。

僕の場合、ダイエット中は白米の代わりに絹ごし豆腐を食べることがよくありました。

豆腐って、低カロリー高タンパク質な上に、実は結構お腹が膨れます。

そしてなにより、めちゃくちゃ安いです!(笑)

基本は冷奴で食べることが多く、刻みねぎ、かつおぶし、生姜などをのっけてしょうゆやポン酢で食べるとおいしいです。

お好みにもよりますが、キムチをのっけてもおいしいですよ!

あとは豆腐ハンバーグもかなりイケます!うまく作れると本当にお肉のような食感になります◎

 

おすすめの食べ物その3:野菜

野菜はカロリーが少なく豊富な栄養素を含んだ食材です。

「そんなことは知ってるよ!」

そうですよね、すみません。

では、野菜って実はお腹が結構膨れるというのはご存知でしょうか?

野菜には人間が消化できない食物繊維も多く含まれていますので、見た目以上にお腹が膨れるのでオススメです。

ただ、サラダで食べる場合はドレッシングのかけ過ぎには注意してください。

特にゴマやシーザードレッシングはカロリーが高いので、なるべく和風ドレッシングのようなヘルシーな種類を選びましょう。

 

ダイエット中でもきちんと食べよう

食べる量で太るのではなく、食べる物の種類で太るということを理解できれば、ダイエット中でも安心して食事をとることができると思います。

今回ご紹介した食品をうまく活用して、無理せずダイエットを頑張りましょう◎