ダイエットが続かない女がジムへ通い始めた理由5選

「これまで何度もダイエットにチャレンジしたけれど、一度も続いた事がない」

僕の友人女性が、最近まで口癖のように言っていた言葉です。

この友人女性とは、知り合ってから10年近く経ちますが、当時は本当にスリムな女性でした。

現在はというと、運動はしない、好きな物は好きなだけ食べる、こんな生活を続けた結果、見事に太ってしまいました。

見かねた僕は、一度ジムを勧めたのですが、その時はなんとなくスルーされてしまいました。

しかし、それからしばらくしてから、

「ジムへ通おうと思うんだけど、色々質問していい?」

という連絡があり、ジム経験者の僕は知っている限りの事を話しました。

最初はジムへ行こうとしなかった友人女性が、なぜジムへ通い始めようと思ったのか?

今回は、そんなエピソードをお話しいたします!

 

理由その1:30歳になり体の衰えを実感した

これは僕もそうだったのですが、30歳を過ぎると基礎代謝の低下により、増えた体重がなかなか落ちてくれなくなります。

そうなると、もともとダイエットしないといけない体型の人間が、「これ以上太りやすくなったら本当にヤバイ!」と危機感を覚えるようになります。

友人女性もそんな危機感を覚えたようで、この際だからジムへ行ってきちんとした設備でダイエットしようと思ったそうです。

 

理由その2:やったことのないことを試してみたくなった

これまで友人女性が試してきたダイエット方法は、我流の食事制限や、簡単な運動、エステサロンに通うなどです。

でも、どれをやっても結局ダイエット効果を実感できず、途中で痩せるのをあきらめていました。

「ジムは前々から興味はあったんだけど、よし行こう!と思えるキッカケがなかった。」

そんな事を思っていた友人女性は、最近日本の芸能人もSNSなどで投稿しているジム通いに興味を持ったそうです。

キッカケはどうであれ、自分がやったことのないことにチャレンジしようと思うのは、本当に素晴らしいと思います。

 

理由その3:思った以上に楽しい

ジムへ行く前は、果たしてダイエットが続くのだろうかと心配していた友人女性ですが、ジムへ通うのが思った以上に楽しかったそうです。

ジムにおいてある最新のトレーニングマシンは、本当に機能が充実しています。

友人女性は、よくルームランナーを使用するそうなのですが、液晶画面でYoutubeやテレビ番組を観れるので、長い時間走っても苦にならないとのことです。

外でランニングをしている時は、どうしても走る事だけに集中してしまうので、呼吸が荒くなったり、足が痛くなったりすると、走るのが途中でつらくなってしまいます。

その点ルームランナーは、自分の好きなテレビ番組を観ながら走れるので、意識がランニングよりテレビに集中します。

すると、本来つらいと感じるランニングでも、テレビのおかげで気がまぎれ、あまり疲れを感じなくなります。

「痩せれる上にテレビを楽しめる!」

もう友人女性は、ルームランナーに夢中です(笑)

 

理由その4:24時間営業のジムに出会ったから

仕事の勤務時間の都合で、かなり不規則な生活を送っていた友人女性は、自分が通える営業時間のジムを見つけることができずにいました。

これは僕も全く同じで、ジムへ通いたくても仕事の都合で営業時間内に行くことができず、ほとんど諦めていました。

そんな時に出会ったのが、24時間365日営業のエニタイムフィットネスです。

年中無休で1日中営業しているエニタイムフィットネスなら、いつでも自分の好きなタイミングでいけるので、本当に便利です!

友人女性も、

「エニタイムフィットネスなら、ダイエットも楽しく続けられそう♪」

と嬉しそうに話していました。

 

理由その5:自分を追い込む為

食事制限や外ランニングは、ほとんどお金がかかりません。

いわゆる、ノーリスクというやつです。

この場合、自分の気分でいつでも気軽にダイエットを中断できます。

その点ジムは、月額で使用料をしっかり払いますので、一度通いはじめたら続けなければもったいないです。

友人女性は、そういった環境を自ら作り出すことで、ダイエットが続かない生活に別れを告げようとしたわけです。

 

やり方より考え方が大事

ダイエットを続ける為には、小手先テクニックを覚えるより、きちんとした考え方を持つほうが重要です。

「どうして自分はダイエットが続かないんだろう?」

「どうすれば、ダイエットが続く生活リズムを作ることができるんだろう?」

まず、自分自身でこういった事を真剣に考えてみて、どうすればダイエットを楽しく続けることができるのか?

そんな自分だけの答を頑張って見つけてくださいね!