綺麗になりたい女性必見!太もも痩せに絶対必要なダイエット知識5選

「あのモデルのような細い太ももを手に入れたい!」

「とにかく足を細く見せたい!」

こういった願望をお持ちの女性って、かなり多いのではないでしょうか?

また、

「太ももやふくらはぎを細くしたいとは思うけれど、これまで試したダイエットはあまり効果が出なかった」

「わたしは子供の頃から下半身だけ太く、これは遺伝だからしょうがないとあきらめている」

僕の回りの女性でも、こういった悩みを抱えている方が結構います。

そこで今回は、女性がもっとも痩せたいと思っている太もも(足)について、必ず為になるダイエット知識をご紹介いたします!

 

その1:まずはきちんと原因を知る

太ももを細くできない一番の理由は、知識不足です。

これは当たり前のことなのですが、ダイエットを希望する人は、全員ダイエットの素人です。

おそらくほとんどの人がダイエットをする為の知識を、誰かに聞いたり、雑誌で見たり、ブログを検索するなどして、独学で学んでいると思います。

でも、その方法が果たして自分に合っているかなんて、全くわかりませんよね?

そういった一般的に公開されている情報は、太ももを細くする為の運動方法や、おすすめのダイエットサプリの紹介はしていますが、

そもそもなぜ太くなるのか?なぜ細くならないのか?という原因を検証できる方法はあまり公開されていません。

なぜかというと、太ももが細くならない原因は、人によって本当に様々だからです。

年齢、食生活、運動不足、ストレス、むくみ、代謝の低下など、原因はたくさん上げられますが、おそらくこの中の1つだけ改善すればいいというわけではなく、太ももが細くならない理由は、いくつかの原因が重なっていることが考えられます。

ですので、まず一番最初にすることは、思い切ってプロに相談することです。

エステサロン、トレーニングジム、マッサージ、肥満外来など、素人の私達より確実に知識の高い人達と出会える場はたくさんあります。

1人であれこれ悩む前に、まずはこういった専門的な人達に相談してみてください。

身体的な悩みは、身近な人には相談しづらいと思いますので、プロのような話しやすい人に悩みを聞いてもらうだけでも、だいぶ気持ちが楽になると思いますよ◎

 

その2:部分痩せは不可能だということを理解する

知識不足と重なりますが、部分痩せは不可能だということを理解する事も重要です。

人間の構造上、特定の部位だけ痩せることはできません。

理由は、体の部位で脂肪が減っていく順番は決まっており、女性が最も気になる太もも、お腹、お尻の脂肪が落ちるのは最後のほうです。

ですので、現実的に太ももだけ痩せることはできないのです。

ただ、部分的に「痩せる」ことはできなくても、「細くする」ことは可能です。

太ももが細くならない理由の1つに、代謝の低下があります。

これは、特に年齢を重ねるほど起こりやすく、体質も影響します。

元々太ももの筋肉が少ない、または年齢を重ねて太ももの筋肉量が減ってくると、代謝が低下し、脂肪が燃焼しづらくなります。

そうなると、太ももに皮下脂肪がつきやすくなりますし、老廃物が溜まったり、冷えなどの血行不良も重なり、むくみやすくなります。

代謝の低下によるむくみは、セルライトの発生原因の1つでもあるので、注意が必要です。

むくみをとりたい場合は、生活習慣の見直しが前提ですが、専門のマッサージや、医療エステなどで施術をおこなうことで改善される場合あります。

肥満ではないけれど、太ももなど足が細くならない人は、このようなむくみが原因と考えられますので、一度専門機関に相談してください。

もちろん足が細くならない原因は1つだけではないので、むくみが改善されても、他に理由がないか検討してみましょう。

 

その3:生活習慣を改善する

太ももが細くならない原因として、生活リズムの乱れが考えられます。

●寝不足

●運動不足

●食べ過ぎ

 

まず、人間が体調を整えるには、睡眠が必須です。

きちんと睡眠時間を取ることができないと、ホルモンバランスが崩れ、太りやすい体質になります。

また、眠っている時に多くのカロリーを消費しますので、睡眠は脂肪燃焼にとても重要です。

運動不足、食べ過ぎも同様に、肥満の原因となります。

高級なダイエットサプリを飲んだり、定期的にエステに通っても、こういった基本的な生活習慣を整えないことには、痩せることは難しいです。

 

その4:筋トレをすると太く見えるというのは嘘

「筋トレすると、余計に足が太く見えるんじゃないの?」

と思っている女性は、本当に多いと思います。

でもこう思っている方って、実際に筋トレやったことないですよね?

僕もダイエット目的で、筋トレを2年近く続きけているのでよく分かるのですが、

「筋トレすると足が太く見えるという考えは、間違いです!」

まず、一般人が筋トレをしても、そう簡単に筋肉はつきません。

より正確に言うと、大きい筋肉を作ることは、とても難しいんです。

筋肉を肥大させるには、ダンベルなどで大きな負荷を筋肉にかけます。

そして一度破壊された筋肉が、次はもっと丈夫な筋肉を作らなくちゃ!とより大きい筋肉を作り出します。

しかし、大きい筋肉を作り出す為には、相応のタンパク質を摂取しなくてはいけませんし、筋肉を破壊するほどの負荷を与えないといけませんので、筋肉を肥大させたくてもなかなかできるものではないのです。

また、ある程度太ももの筋肉を刺激しておかないと、筋肉の量がどんどん減って代謝が悪くなります。

代謝が悪くなると、脂肪がつきやすくなったり、老廃物が溜まりセルロイドができたり、冷えてむくみの原因になったりと、トラブルが多くなります。

ですので、太ももを引き締めたいと思ったら、ぜひスクワットをおこなってください!

下半身のトレーニングをきちんとマスターすることで、同時に正しい姿勢も維持できるようになります。

特に日本人は、かかとに重心をかけて猫背になっている人が多いですので、つま先の内側(親指の付け根辺り)に重心をかけて立つことで、自然と背筋が伸びますし、足首からふくらはぎにかけてシェイプアップします。

全身をアルファベットのS字で表現するイメージですかね、つま先へ体重を乗せ、胸をはり、背筋を伸ばしてみてください。

この立ち方をつねに心がけるだけで、ダイエット効果にかなり差が出るはずですよ◎

座り方についても、背筋を伸ばし、両足を揃え、両膝をくっつけるだけでも、股関節から内ももへかけての引き締め効果を期待できます。

両膝の内側でハンカチや書類などを挟みこんでおくと、より効果的ですので、ぜひ試してみてください!

 

その5:芸能人やモデルも努力している

テレビや雑誌に出てくる芸能人やモデルは、生まれた時からあんなスタイルではありません。

もし先天的に抜群のスタイルを持ち合わせている人がいたとしても、何十年も生きて行けば必ず体型に変化が起こります。

何が言いたいのかというと、スタイルがいい人は、他人の何十倍も努力しているということです。

人前に出る仕事をしている人達ですので、全身が商売道具、つねに完璧な状態を保つのは当然です。

一般人であれば、たとえ太ったとしても、何か重大な問題やペナルティーがつくわけではないので、絶対に太ってはいけない!というプレッシャーは少ないです。

でも、芸能人やモデルは、そうはいきません。

つねに仕事へのプレッシャーを感じながら、バランスのとれた食事、規則正しい睡眠時間、美しい姿勢を保つ為の矯正、引き締まった体を維持する為のトレーニングを欠かさずおこなっています。

もちろん、元々のスタイルの良さはありますが、毎日一流のライバル達と切磋琢磨してスタイルに磨きをかけているわけですから、そういった人達に憧れは持っても、一般人が劣等感を持つ必要は全くないと思います。

あくまで最終的な目標として、芸能人やモデルを参考につつ、自分ができる事を1つ1つクリアしていけば、必ず理想の体型に近づけると思いますよ◎

 

小手先テクニックより知識が重要

いかがでしたでしょうか?

ありきたりなダイエット方法を実践するより、まずは専門的な知識を深めるほうが重要です。

今回ご紹介した内容をきちんと覚えておけば、必ず結果はついてきます。

美しいカラダを手に入れるのは本当に大変だと思いますが、これからも理想の体型を諦めずに、自分のペースで無理せず頑張ってくださいね!