ダンベル?マシン?筋トレに効果があるのはどっち?

筋トレをしようと思った時に、ダンベルを使用しますか?それともトレーニングマシンを使用しますか?

僕はジムへ通う前は、自宅でダンベルを使った筋トレをおこなっており、ジムへ行き始めてからは、ダンベルとマシンを両方使うようになりました。

そこで今回は、僕が実際にダンベルとマシンを使用して筋トレをおこなった結果、どういった効果の違いが出たのかをご紹介いたいと思います。

 

筋トレ効果はどちらもあります!

結論から言うと、筋トレの効果はどちらも十分あります。

ただ、それぞれ利点と欠点がありますので、その辺を僕の感想をふまえてお伝えしますね◎

 

ダンベルとマシンの利点

ダンベル、バーベルなどの器具を、支えの無い状態でおこなうトレーニングを、「フリーウェイト」と言います。

今回はダンベルに限定してお話ししますが、ダンベルトレーニングの利点はというと、

 

【ダンベルの利点】

●自宅、外、ジムなど、どこでも使用できる

●場所をとらない

●マシンに比べ価格が安い

●体の支えが無い為、全身のバランスを感じながら筋トレできる

●ベンチを購入すれば、ダンベルだけでも全身の筋肉を鍛えることができる

 

ダンベルトレーニングというと、アームカール(腕を上下して上腕二頭筋を鍛える)が最も有名な種目ですが、

姿勢を変えたり、ベンチを使用することで、全身の筋肉を鍛えることが可能です。

僕も詳しく調べるまでは、立ったまま腕を上下するくらいの利用方法しか知らなかったのですが、ベンチに座ったり、寝たままダンベルを使用することで、不器用な僕でも全身を鍛えることができました◎

 

次にマシンの利点についてですが、

 

【マシンの利点】

●固定されているのでケガをしにくい

●固定させているので、つねに正しい姿勢を維持できる

●初心者や女性でも安心、リハビリにも効果的

●やり方を覚えれば簡単に鍛えれる

●鍛えたい部位別に作られているので、効率的に鍛えれる

 

マシンを使う場合、最初はやり方が分からないと思いますが、以外と覚えることが少なく、一度やり方を身に付ければ誰でも簡単に使用することが可能です。

ダンベルの場合は、正しいフォームを覚える必要がありますが、マシンは体が勝手に固定されますので、フォームを覚える必要もあまりありません。

 

ダンベルとマシンの欠点

では、欠点はどうでしょうか?

まずダンベルについてですが、

 

【ダンベルの欠点】

●慣れてくると、より重い重量のダンベルを購入する必要がある

●きちんとしたフォームを身に付けるまで時間がかかる

●床に落としたり、ケガの危険がある

●意外と覚えることが多い

●手の皮がむけたり、腱鞘炎になりやすい

 

ダンベルは、面倒な準備もなく手に持つだけで使用できるので、簡単にトレーニングできると思われがちですが、正しいフォームや、自分に合った重量の調整など、実は結構覚えることがたくさんあります。

また、トレーニング中に握力が低下すると、落としてケガをする恐れもありますので、注意が必要です。

 

次に、マシンの欠点はというと、

 

【マシンの欠点】

●高額で一般的に入手しづらく、場所も取るのでジムを利用する必要がある

●動作が一定の為、慣れてくると刺激が足りなく感じるようになる

●ジムの場合、混んでいると順番待ちをしないといけない

●鍛える部位がマシンごとに決まっている為、あくまで部分的な筋トレしかできない

●壊れる危険がある

 

まず第一に、よほど裕福な方でない限りは、ジムへ行かないとマシンは使用できないと思います。

また、体がマシンに固定(補助)される為、ダンベルに比べ大きな負荷をかけることが難しいです。

その為、初めのうちはいいですが、慣れてくると少し物足りなく感じるかもしれません。

壊れる危険があると書きましたが、これはごく稀なケースですので、あまり気にしなくていいと思います。

 

結局ダンベルとマシンはどちらがおすすめ?

僕の感想をまとめると、「どちらも利用する」というのが正しい答えです。

「この部位はダンベル、この部位はマシンでやろう!」

「今日は気分を変えてダンベルのみにしよう!」

「足を怪我しているので、負担の少ないマシンで上半身のみ鍛えよう」

など、ダンベルとマシンをどちらも使用できるようにしておけば、状況によってトレーニングメニューを変えることが可能です。

僕の場合は、始めは自宅でダンベル、慣れてきたらジムでマシン&ダンベル、といった順番でトレーニングの幅を広げました。

いずれにしても、まずは筋トレを始めてみる事が重要ですので、あまり無理をせず自分の生活環境にあった方法でトレーニングしてください◎